新宿区保健所くまくま部屋ご報告

ご報告に数日経ってしまいましたが、
2月1日(土)落合第一地域センターにて
新宿区保健所主催の
「ネコのためにできること」
〜新宿区保健所くまくま部屋〜

を開催しました。


今回もいつもお写真を撮ってくださる
Wさんのお写真を使わせていただきます。
ありがとうございます、いつも助かります!

こちらの会場の↑
4階にて行われました。

今回も様々なパネルと共に。
お話会ではくまおとこぐまのことや
42825さんの地域での活動に同行した
ときのお話、今回ウォンバットの話などを通して
生物多様性のお話もさせていただきました。

会場には沢山の方にお越しいただき
いつも来てくださる方、以前からお会いしたかった方、
お目にかかることができてとても嬉しかったです!

今回は地域のネコの問題と、地域の問題を
本当に一緒に考えていくことの必要性を
さらに感じました。

今回イベントにお声をかけていただいた
42825(よつやねこ)さんは
ご夫婦二人での活動を365日、10年続けられています。
せっかくなのでブログでも日々の活動を少しご紹介。

区内の一定の地域で毎晩地域のネコに
ただ食事をあげる。だけではなく!

・食べ終わるまでの見守り、片付け
・地域に落ちているゴミの掃除
・公園の(人間の)ゴミ箱の掃除
・ネコのトイレスペースの掃除。

を365日毎日続けられています。
そのおかげでこの場所は
ネコが8頭以上いる地域ですが
まったくニオイがしません。
42825さんが活動をはじめた当初は
異臭でたいへんな地域だったとのこと。
これはネコ嫌いな方を増やさないための活動にも
なっていると学びました。

私も今回知った言葉で
TNRM活動」という活動があるそうです。
T・Trap 捕獲
N・Neuter 不妊化手術
R・Return 元の地域に戻す
M・Manage 見守る

不妊化手術の前には地域の方にもお知らせをし、
手術後もずっとネコたちを見守りながら
地域全体でのネコとの共存に繋げる活動です。


まだ地域全体で。とまではいっていないとのことですが…
「ネコとヒトと地域のための持続的な活動」をされていました。
本当にスゴイことだと思います。

食べ終わっても右上のお掃除の様子を監督されるネコ先生↑。

誤解あるといけないので書きますと…
42825さん達は
好きで外のネコのお世話をしているわけではありません。
本当は「みんな家の中で暮らせたら」と願っています。
みんな不妊化手術した猫たちなので
このネコ達の代が終わったら、ネコの活動はしなくてよい
世の中になってほしいと願い
「自分たちに今できること。」として活動されています。
(里親さんを探す活動も行ってらしゃいますよ。)

このネコたちを見て思うのは…
元はくまお、こぐま、ジーコも外の環境にいた。
ということ。(くまおは山でしたが)

3匹とも保護していただなかったら…
もっともっと過酷な環境にいたかもしれません。
特にジーコは数ヶ月前まで外の環境にいました。
外のネコと家のネコも同じ「み〜んなネコ。」
みんなが安心して過ごせる環境を目指し
私も自分に今できることを考えたいと思います。

そんな42825さんの活動に直接サポートできる
サイトを🔗貼っておきます。
手術の一部の助成金以外は、
全て自費で活動されています。
このサイトでの売上はネコ達の保護活動費に使われますので
ぜひご興味あるかた、ネコのために何かしたい方
サイトを覗いてみてください〜
パーカーなども今後入荷されるそうです!
↓↓↓こちら。

https://neko42825.thebase.in/

今回、聖母坂どうぶつ病院の田草川先生のお話もありました。
超!勉強になるお話を聞けました。
先生の許可をいただけたら
イベントやブログでも共有できたらと思います。

イベント終了後すぐに撤収作業だったので
皆様とゆっくりお話ができなかったのは残念でしたが
とても貴重な機会をいただき
本当に楽しく勉強になる時間でした。

(お写真42825さんからお借りしました。)
42825さんと巨大くまおのわたし。

お越しいただきました皆様、サポートしてくださいました皆様
新宿区保健所の皆様、
本当にありがとうございました!!

仲良くお留守番ありがとね〜〜〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です