キャットフード(アレルギー)まとめ2

前回のブログから引き続き、沢山の情報をいただきましたので

キャットフード(アレルギー)2をまとめました〜

 

まとめ1をご覧になっていない方はこちらも↓ご覧いただけますと幸いです。

キャットフード(アレルギー)まとめ1

 

まず、小麦とお米のアレルギーがある。を前提に探しているので

紹介していただいた中で、この条件に合う総合栄養食をピックアップしました。

原材料のデータと成分分析値をつけておきますので、

その猫さんそれぞれのアレルゲンにあったものを見つける際の

参考にしていただければと思います。

 

情報は公式サイトから転載させていただいていますが、

もし間違った情報を見つけましたらくまお母までご一報くださいませ。

この情報に関してはウッカリがないよう、万全を期しておりますが、

なにせ毎回万全を期しているのに、なにかしら誤字があるブログ…

アレルギーの猫さんにうっかりがあっては大変!なので、

飼い主さんも必ず成分等の確認をしていただきたくお願い申し上げます。

友人の猫のアレルギー対策から調べ始めたキャットフードやサプリメントですが

世の中本当に沢山のフードがありすぎて、

まず買う前の検索の時点でさんざん悩み、

その結果悩んで買って与えてみたものの、食べない…

なんてこともよくありますよね。

このブログが皆さんの検索時間の節約になったら嬉しいなと思っています。

友人の猫には好評でも、他の猫さんは嫌い。なんてことは

猫あるある だと思うので

各、猫さんの嗜好にあったフードに出会い、

ごはんでのストレスが解消されることを切に願っております。

 

*今回から原産国、カロリーもわかるものは付記していきます。

カリカリの粒画像があるものも一緒にご紹介します。

 

キャットフード編

〜前回4までご紹介したので続きです〜

5、ボナペティ ラム&フィッシュ

https://www.tamaone.jp/item/TAC0100020.html

 

50gの小袋が20袋入った小分けパッケージ

キャットフードはいくら密封容器にいれても

日々の出し入れの際の酸化は防げないのでその点は安心ですね。

ラムの生肉を使用し、ミートミールは不使用。がポイントのようです。

おやつやウェットと一緒に与えることを意識したフードで

室内飼いの避妊去勢手術をした猫に向けた開発になっているようです。

(サイトから画像おかりしました)

・原産国:オランダ

・代謝カロリー  327kcal/100g

●原材料
ラム生肉  空豆  フィッシュ(イワシ  サバ  ニシン  タラ  スズキ/加水分解)  エンドウ豆  菜種油  セルロース  乾燥リンゴ  エンドウ豆プロテイン  乾燥キャロブ豆繊維  乾燥アルファルファ  酵母菌(プロバイオティクス)  炭酸カルシウム  チキンレバー(加水分解)  リン酸カルシウム  サーモン油  ヒマワリ油  ブレンドハーブ  乾燥ケルプ  ビタミン(A D3 E K3 チアミン リボフラビン ナイアシン パントテン酸 ピリドキシン B12 ビオチン 塩化コリン 葉酸 C)  ボラージ油  ボスウェリア抽出物  塩化カリウム  乾燥クランベリー  イヌリン  L-カルニチン  タウリン  イーストカルチャー  酸化防止剤(植物抽出トコフェロール)  ミネラル(Fe Mn Cu Z I Se)  MSM  緑イ貝

ボナペティ ラム&フィッシュ 成分分析値

 

 

6.HALO(ハロー) シニア7ヘルシーサーモン

https://halopets.jp/products/cat/index.html

ここの特徴は猫用のグレインフリーだけで4種あり、

14才以上の超高齢猫用までありました。

 

サイトで見るとカロリー計算が

体重0.1Kg単位でサイトの下の方に自動計算されるので、

便利な機能だと思いました。

(フードによって変わるので、あくまでHALOのフードの参考にしてください)

そして、軽量カップ1つあたり何グラムの表示も親切。

(サイトから画像お借りしました。)

・原産国:サイト非表示

・代謝エネルギー(ME)395kcal/100g

・原材料

サーモン、ホワイトフィッシュ、全卵、エンドウ豆プロテイン、ひきわりエンドウ豆、エンドウ豆粉、大豆エキス、ジャガイモ、エンドウ豆繊維、鶏脂(ミックストコフェロールとクエン酸で酸化防止)、チキンレバー、亜麻仁(オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸源)、DL-メチオニン、ニンジン、クランベリー、ブルーベリー、リンゴ、ズッキーニ、アルファルファ、タウリン、サツマイモ、イヌリン、L-カルニチン、グルコサミン塩酸塩、コンドロイチン硫酸

ビタミン類(A、D3、E、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、C、葉酸、ビオチン、コリン)

ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、亜鉛アミノ酸キレート、鉄アミノ酸キレート、コバルトアミノ酸キレート、銅アミノ酸キレート、マンガンアミノ酸キレート、マグネシウムアミノ酸キレート、ヨウ素、セレン)

プロバイオティクス(ラクトバチルス菌、ビフィズス菌、ペディオコッカス菌)

HALO シニア7+ヘルシーサーモン成分分析値

 

7,オソピュアグレインフリー フィーライン

サーモン&ガルバンゾー(猫用)

https://kmt-dogfood.com/item/artemis/item15/

新鮮なサーモンとガルバンゾー。とサイトにあります。

ガルバンゾーって何?とおもったらひよこ豆のことでした。

魚系が好きな猫さんに良いかもしれませんね〜

猫本来の消化機能に着目したグレインフリー(穀物不使用)のフード。

とあります。

(画像サイトからお借りしました)

・原産国:アメリカ

・代謝カロリー:3,861kcal/kg(単位が他と異なるのでご注意ください)

・原材料

フレッシュサーモン・ドライサーモン・えんどう豆・ガルバンゾー豆(ひよこ豆)・ヒマワリオイル・フラックスシード・チキンスープ(天然風味料)・DLメチオニン・塩化コリン・タウリン・乾燥チコリ根・パンプキン・ココナッツオイル・ラクトバチルスアシドフィルス・ビフィドバクテリウムアニマリス・ラクトバチルスロイテリ・キレート亜鉛・ビタミンE・ナイアシン・キレートマンガン・キレート銅・硫酸亜鉛・硫酸マンガン・硫酸銅・混合メナジオン重亜硫酸ナトリウム・チアミン硝酸塩(ビタミンB1)・ビタミンA・ビオチン・ヨウ化カリウム・パントテン酸カルシウム・リボフラビン(ビタミンB2)・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ ビタミンB12・酸化マンガン・亜セレン酸ナトリウム・ビタミンD・葉酸

オソピュアグレインフリー フィーライン サーモンアンドガルバンゾー

・成分分析値(サイトから転載)

 

 

8.カントリーロード
フィーライン コンフォート【インドア】

https://www.natural-harvest.co.jp/country_road/products/dry/feline_comfort.html

室内飼いの運動量の少ない猫へのフード。

(成猫、シニア猫用)

こちらも100gの小さめの袋から販売しているので

おためしできるのは良いですね。

他に

F.L.U.T.D.(猫下部尿路疾患)ケアを考えた食事療法食。と

フィーライン ディライト チキン&フィッシュ(幼猫〜シニア向け)

の計3種類ありました。

(画像サイトからお借りしました)が、小さい画像しか見つけられず…

・原産国: アメリカ

・代謝カロリー: 324kcal/100g

・原材料

チキン生肉、チキンミール、ターキーミール、えんどう豆、ひよこ豆、加水分解チキンエキス、タピオカスターチ、トマト繊維、えんどう豆繊維、鶏脂肪(ビタミンEで酸化対策済)、亜麻仁、フィッシュミール、海塩、塩化コリン、フラクトオリゴ糖、クランベリー、海草、ユッカ抽出物、ビタミンE、ミックストコフェロール、メチオニン亜鉛、ナイアシン、キレート鉄、ビタミンA、キレート銅、チアミン、パントテン酸カルシウム、キレートマンガン、塩化ピリドキシン、リボフラビン、セレン、ビタミンD3、ビタミンB12、ヨウ化カルシウム、葉酸、ビオチン、エチレンジアミンハイドロヨウ素、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

カントリーロードフィーラインコンフォート成分値(サイトより転載) 

番外編ですが…

投薬に困られている方も多いのでは?と思います。

Mediballにくるんだりが有名ですが、それ自体に小麦粉がはいっているので

おくすりを上げるのにもアレルギーは気をつけてあげないといけないですね。

 

薬を飲むのを嫌がる猫に犬猫用のオブラートがありました。

おクスリ上手

http://www.taurus-net.co.jp/lineup/supplement/medicine-j.html

(サイトは公式サイトを添付しましたので、

Amazonなどで安いところもあるのでご覧になってみてください。)

こちらは友人の猫はフードと一緒に薬を食べてくれているようです。

いちご味とありますが、そんなに香りはしないようです。

おくすりをあげるのは飼い主も必死になってしまいますが

必死になればなるほど、猫は警戒してしまうもの。

ストレスなくクスリを飲んでくれる方法が見つかると良いですよね!

 

 

今日も長文となりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます!

しばし本業が忙しく、イベントは少しの期間お休みとなりますが

また夏には復活したいとおもっております。

その期間は猫の情報などを発信できたらと思っています〜

 

昨日突然3頭のクマが増えまして

こぐまは興味津々。

 

クマと並んで写真を撮る余裕も…

その反面…

足早にいそいそと去っていくくまお。

新しいモノには例え自分よりだい〜ぶ小さめのクマであっても

ソファーの下から危険がないか?確認して

異常がないことを認めてから外にでてくるくまお。

気が小さすぎます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です