ジーコの家猫修行への道

先日のブログでお伝えしました
ジーコの家猫修行」について
ジーコの一時預かりさんのレディナイスと
お勉強に行ってまいりました〜


今回はネコを保護されているホテルスネコさんの支配人と、
ホテルスネコでボランティアされているIさん、そして
いつもお世話になっている42825さんが同行してくれ
一緒にお話を伺いました。


ホテルスネコさんは支配人が植物のアトリエのルスルス
アトリエの一角にネコ達の居場所を作られました。

ここを作られた経緯と名前の由来などはホテルスネコさんの
サイトからこちらに転載させていただきます。↓

わたしは猫が好き
たまたまアトリエを移転しなくてはならなくなり、近所でずっとお世話(TNRして給餌)していた猫達を置いていくわけにもいかず一緒に引っ越す事を決めました。そして新しいアトリエにひと部屋、猫達のお部屋を作りました。お家が見つかるまでのホテル。
のんびり過ごしてもらっていつかチェックアウトしてもらおう。
というおもいで
ホテル×ルスルス(アトリエの名前)×ネコ〈ホテルスネコ〉と名付けました。
猫が好きな人も嫌いな人も 外で暮らす猫が減れば良いと思ってる。 だったらみんなで減らしましょ。それぞれ出来ることは様々。みんなでできる事を協力しあいながらいつか野良という猫がいなくなる 未来を夢見て活動しています。

ステキなアトリエとオシャレで美人な支配人の元で
今は沢山のネコが過ごしています。

↑このネコさんは「萬福」
3ヶ月前に保護されてやってきました。
最初はまったく触れずでしたが、今じゃこんな姿に。
お客さんが来ても怯むことのない姿に感激しました。


ホテルスネコさんは42825(よつやねこ)さんに
紹介していただきました。
当日は42825さんも来てくださいました〜
今回もネコだけの話ではなく、プライベートな話や
パンツの話に至るまで…
笑いっぱなしでした。
いろんな話をお聞きしてとても勉強になったので
一部ですが共有させていただきます。

◎触れないネコとのコミュニケーションは?

「最初は長いブラシ(100均に売っているお風呂用)で
 離れたところから体を触るところから。」
「徐々に柄を短くして、最終的に手で触れるように慣れさせているかな」

(写真を撮り忘れてしまったのでこの写真はイメージです。)
実際はもっと柔らかそうな毛のを使われていました。

◎人馴れしていないネコとどうやって距離を詰めていけばよい?

「基本そのネコそのネコで性格が全然違うので無理はしない」
ちょっとずつ試してOKなら次の段階に。を根気よく続けていく。
「大人のネコの場合、たまに萬福のように慣れるのが早いネコもいますが
平均2年くらいはかかっている印象。」と
42825さんが教えてくれました。

慣れてくれない。と焦ってしまうこともありますが
「大人ネコがちょ〜っとずつ慣れてくれるのがまた本当に愛おしい。」に
わたしも激しく同意。

↑この子はポポさん。ビビリさんですが、
「もっと人間との時間を増やしたらすぐに慣れそう。」
と支配人。小柄でとても美人さんでした〜
(昨日のライブではナデナデされていましたよ)

◎ジーコへのアドバイス

「ケージにも今のお部屋にも慣れてきたので
次の段階はジーコのお気に入りのAmazon箱の
撤去を考えても良いかも?」と42825さんから。

まずは箱だけでなく、お部屋全体がジーコの安全地帯と思ってもらえたら。
とアドバイスをいただき、なるほど〜と。

とはいえ、やさしいレディナイスのこと。
ジーコの大好きな場所を奪ってしまうのでは?と
最初は不安もあると思うので…
レディナイスのタイミングで進めていただくことにしました。
ちょっとずつ箱を小さくしてみる作戦もアリかなと。

↑1番のお気に入りの箱でご満悦ジーコ

◎ネコと生活する上で大切なことは?

とにかく「楽しむ!」
楽しければネコに伝わるし、緊張してるのもネコに伝わる。
ホテルスネコさんも42825さんも
活動するのも、発信するのも「楽しく」を
心がけてらっしゃるところに私も共感しました。
これから保護しようと考えてらっしゃる方、
今ネコとの付き合い方に悩まれている方には
あまり抱えこみすぎずに楽しんで向き合っていいただくのが
長くネコと付き合っていく上で一番たいせつなことかもしれません。

↑みんなの中心で話を聞いていた萬福

もし、みなさんの近所でお外で暮らしているネコがいて
「気になっているけど何をしたら良いかわからない。」
という方がいらしたら
気軽に相談してほしいとのこと。

ネコを助けるための方法を教えて頂いたり
捕獲器の使い方も教えてくださるそうです〜
(保健所でも貸し出してる所ももちろんあります。)
一人で行うのではなく仲間がいるのはとても
心強いと思います。

「かわいそうだから助けてあげてほしい」ではなく
助ける方法を一緒に考えてみませんか?
ネコを助けるのは時間もお金もかかります。
丸投げではなく、「一緒に」というお気持ちで
ご相談いただければと思います。

くまおも時間かかったけど、
今ではあまえんボーイに。
でもうちに来て6年経った今もだっこは苦手です…

こう見えて仲良く…やってくれてます。

ネコ達に支援の方法は?

ホテルスネコさん
オンラインショップ
でお買い物するとネコ達の支援になります。
オシャレなTシャツありますので
ぜひ覗いてみてください!
(浅いピンクのTシャツほしいな…と母狙ってます)
ホテルスネコのネコ達へ直接支援したい方には
Amazonほしいものリスト 
から直接選んで送っていただくことも可能です。
インスタグラムでは頻繁にライブもされています。
ほんわかした支配人なので楽しいですよ〜
@hoteressneco

42825さん
オンラインショップ
42825さんではずっとのお家募集中の子猫も
いますのでぜひインスタもチェックされてみてください〜
日々の地域猫活動の様子も毎日更新されています。
@nekoojisankitayo
「ねこおじさんきたよ」というアカウント名ですが
ご夫婦で活動されています。笑

まだ興奮すると支配人をご飯と間違えて?
噛んでしまう萬福です笑
手が傷だらけでしたが、支配人の膝の上で
グルグルと幸せそうにしてた萬福が印象的でした。
萬福もずっとのお家を探しています。が、
「ホテルスネコにいるよりも幸せにします。
 という方が来たらお譲りします。」
「それまではここでゆっくりしてって。」という
支配人のスタンスがとてもステキでした。

他にも沢山お話を聞いたのですが
超長くなるので、このへんで〜
じゅうぶん長!

ホテルスネコさん、42825さん、レディナイスさん
お時間を作っていただきありがとうございました!!

「大人の保護ネコ」
私はくまおに出会えてよかったし
出会えたのは保護してくださった方がいるから。
日々感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です